世界を旅する

日英ハーフの子供達と人生を謳歌する記録

トライリンガル長男5歳6カ月劇発表会

年中さんが終わる夏休み前の出来事です。

 

長男が週に一度通っている日本語教室で、劇発表会が行われました。

 

人前での発表となると、対応できない長男。

 

 

anahita.hatenadiary.jp

 

クリスマスコンサートではギャン泣きでした ・・・ 。

 

そんな繊細長男ですので、劇発表会でも最悪を想定していました。

 

劇発表会に向けてお教室で何度か練習したみたいなのですが、長男がスムーズにやってくれないことに対し先生が行き詰って、先生から相談メールを頂くことも・・・。

 

その時は長男が不得意とする部分を説明し、そこは先生も「じゃぁ省いていいですよ~」と妥協して受け入れてくれました。

 

そして劇当日。

 

最初から最後まで、セリフも歌もやり通せました!ダンスは不参加・・・週一で通っているダンス教室の意味無し・・・笑。

 

クリスマスコンサートの時と比べて、今回の成功の要因は:

〇当時より半年成長した

〇クリスマスコンサートはぶっつけ本番だったのに対し、今回は本番の会場=慣れている教室で何度も練習した

 

ことだと思います。

 

新しい環境に慣れるまでちょっと時間がかかる繊細君の対処法は、予行練習(出来れば本番と同じ環境で)が欠かせないことですかね。

 

私もプレゼンするときはとても緊張するので、私に似てしまったのかな。可哀そうに。

 

事前に懐の広い先生と上手くコミュニケーションが取れて対策法をが取れて良かったです。

 

今回の経験が少しでも自信に繋がればいいなと願っています。