世界を旅する

日英ハーフの子供達と人生を謳歌する記録

働くマミーのテニス備忘録

f:id:Anahita:20190308052414j:image
f:id:Anahita:20190308052409j:image

 

久々のレッスンでした。

 

相変わらず、フォアもバックも打つタイミングが遅すぎえる。中々改善されない…。どうやったら前で打てる様になるのー!

 

打つ前にラケットを落とす。

フォロースルーを前に長めに。

フォアの場合、肘を上げ過ぎない。

 

今日は初めてフォアに低いストレートボールを拾う練習をした。重心を落として、上手く右足から左足に重心を移動させて、拾う。背が低いお陰で思ったほど苦労しなかったかも?154センチのチビなので、この低身長はテニスするには本当にハンデ。平均170センチある外人はそれだけでもうパワーとリーチがあるんですもの。

 

スマッシュはテイクバックをサーブの様に一度下に下ろすのではなくではなく平行に後ろに持っていく。待つ間は体は横に。サーブと同じで打つタイミングで体を回転させる。ボレーは中々上手く出来ました。練習では苦手意識が少し改善されたかも。でも試合ではサーブと同じぐらい嫌いです。

 

去年、適当に買ったラケットが軽過ぎて合わなくなったので、いくつか試しました。写真以外にもウィルソンとヘッドの他のモデル。ヘッドのラケットが一番使い易く、ボールが安定しています。驚いたのが280グラム(?)に替えたら、ラケットが勝手に働いてくれること。前のラケットは軽過ぎたのあって、私が必死になって働き過ぎた。今度はラケットにもっと頼ることに慣れなくては。力抜いて打っても向こう側のベースラインに届くって何て素晴らしいの!

 

コーチがヘッドのインフィニティが最高だよ!って言うからそれも試して、決断しよう。

 

サーブは相変わらず絶不調。あり得ないぐらい絶不調。昔も得意ではなかったけどこんなにも下手ではなかったはず。どうやって打ってたんだ。

1)とにも各にもトスが下手。安定してトスアップ出来ない。最大の大問題。

2)打つ時の体の回転のタイミングが早すぎる。打つ時まで待って、打つタイミングで回転させること。

3)最後までボールをよく見ること!これはサーブ限らず私とテニスの永久の課題…。特にボレーの時が一番見てない…。

4)まずはラケットの天辺で確実に打てるようになること。スライスサーブはその次。

 

改善されるまでは練習試合の時もトスを上げる時はグーでやってみよう。

 

フォーム改善の為と行く行くは試合分析の為にビデオカメラ欲しいなー。