トライリンガル子育て・旅記録

日英ハーフの子供達のトライリンガル子育て記録

長男一年生*個人面談パート2

長男小学一年生・初めての個人面談 - トライリンガル子育て・旅記録

 

長男一年生の個人面談(2回目)がありました。

 

 

前回はズームで旦那が参加。

 

 

今回は教室で先生との面談が叶いました。

 

 

総合評価は又もや良。

 

 

物事に丁寧に取り組むし応用問題も良く理解出来ているのですが、量をこなせないところがマイナスポイントでした。

 

 

算数の課題は計算のスピードを上げる事。国語の方が算数より若干点数がひくかったのですが特に改善点は指摘されませんでしたが、(むしろネイティブで無い割には良く出来ているとの評価)。サラッと見せて頂いた答案用紙を見た感じではスペリングが弱いかなと言う印象を受けました。もう少し現地語の本を読んだ方が良いかな?と個人的に思います。自分で読み始めたら特にスペリングはもっと向上すると思うのですが、読み聞かせが好きなんですよね。読んで〜って甘えてくれる時間も限られているので、もう良いって卒業されるまでは読んであげたいなと思います。

 

 

先生と現地校の教育方針は一年生はまだ子供でいて良い。従って正式なテストも成績表も無い。長男は自分で納得しないとモチベが湧かないタイプなので、今は何を言っても無駄。テストの成績や成績表が発行される2年生になった時に、結果をどう受け取って、自分でどんなゴールを設定するかが楽しみです。

 

 

態度は好評価でした。親バカながら嬉しかったです。サプライズでは無いけれど、肯定されると嬉しい物ですね。家と外の態度が一定なのも良いことですね。

 

 

  • 誰とでも仲良く出来る
  • 先生の言う事を良く聞く
  • 毎日元気に登校し気分のムラが無い
  • 授業に積極参加する
  • 先生に色々とおしゃべりや物事の説明をしに来てくれる
  • 細部に注意を払える(特にお絵描きに反映されている)
  • 年齢の割には自分は自分、他人は他人と割り切る事が出来ていて、自分を周りと比べない(家では弟に対して敵対心剥き出しですけどね🤣)

 

 

 

動物や恐竜オタクなので、先生も長男とのやり取りが楽しいみたいです。

 

 

 

学校が大好きな長男。長男はHSC/HSPですが、小学校が始まってからその傾向がネガティブに出た事はまだ一度も無いです。長男が安心して本領発揮出来る安定した環境を作ってくれる学校や先生方、地域やお友達に感謝です。また、素直に真っ直ぐすくすくと育ててくれているナニーちゃん、子煩悩な旦那、遠方から可能な限り愛情を注いでくれる義理の両親と母にも感謝です!

 

f:id:Anahita:20210612185217j:image