トライリンガル子育て・旅記録

日英ハーフの子供達のトライリンガル子育て記録

コロナ禍後・人生のプライオリティ

日本も我が国も

長い長いコロナ禍トンネルの

出口が見えにくい…。

 

 

 

母親に最後に会ったのは2019年の秋。

もう一年半も前のこと。

 

 

 

去年の春に一時帰国予定だったのが

コロナでお流れになり

今後の予定は未定。

 

 

 

日本もここも今後数ヶ月の間に

ワクチンが行き渡って

秋に会えたら良いなぁ…。

 

 

 

母に暫く会えていない。

私はさておき母は孫に全く会えていない。

私が働いているとそもそも中々会えない。

しかも私は一人っ子。

そして父は六年前に急に逝去。

 

 

 

どうせ職場で感謝されていないし

今の会社での成長曲線は止まったし

これを機に暫く働くの辞めようかな

と言う思いが最近頭を過ぎります。

 

 

転職は出来ればしたいけど

出来なくても辞めたい。

 

 

別に働かなくても良い

と言う恵まれた環境に居る事は

百も承知です。

 

 

これを『恵まれた』と見るか

そうで無いかは

人それぞれですけど…。

 

 

からしたら

ちょっとエゴとプライドが

傷付くんですけどね。

せっかくMBAまで取ったのに。

 

 

でも競争心が高いのは明らかに旦那。

旦那の仕事は今後も忙しくなる一方だから

やっぱり私が家と子供を

しっかりと守って管理しないとなぁ。

親孝行もしないとなぁ。

私が仕事を離れる事で

旦那の仕事をよりサポート出来るし。

(転勤とか…。)

 

 

母は生きている間に旅したい国が数カ国ある。

一人で旅した事のない人だから

一人で行く勇気は無い。

私とは世代が違うし

今から性格と態度は変えられないから仕方ない。

 

 

パッケージツアーは一度やって

もう懲り懲りらしい。

夫婦で参加する人が多い中

一人での参加は肩身が狭いのも分かる。

だったら私が連れてってあげるしかないよね?

母だっていつまでも飛行機での長旅に

耐えられるわけでもないし。

 

 

コロナ禍と

職場で感謝されていない(涙)

事が良いタイミングで重なって

転職活動も一応はしながら

最近そんな事を考えています。

 

 

コロナ禍が終わったら

母が常に 『行きたい』

と言ってる所へ

連れてってあげたいな。

もっと孫に会わせてあげたいな。

 

 

親孝行は

出来るうちに

しないとね。

 

 

父には

何一つ

してあげられなかったから。

 

 

そしてその後悔は

一生消えないから。

 

 

最後に。

子供達ともう少し一緒に

時間を過ごすのもありかな。

この時間は長くは続かないし

二度と機会は巡って来ないしね。

 

 

f:id:Anahita:20210430030539j:image