トライリンガル子育て・旅記録

日英ハーフの子供達のトライリンガル子育て記録

長男小学一年生・初めての個人面談

小学一年生の長男の担任と初めての個人面談が行われました。コロナ対策の為スカイプで。

 

 

先生はお孫さんもいらっしゃるベテランさん。

 

 

 

物静かな雰囲気で、厳しい感じです。

 

 

 

面談が済んすでいる同じクラスのママ友は 『先生厳しいー』 って嘆いていました。

 

 


幼稚園の先生もそうだったけど、積極的に子供に寄り添って生徒を知ろうとしない。結構ドライですね。学校の先生ってこんなもんだったっけ。

 

 

スカイプ面談は旦那に任せました。🤣 空耳アワーが大得意な旦那ですけど。w

 

 

先生の評価は:

  • 落ち着いている
  • 皆と仲良く出来る
  • 丁寧に取り組む
  • たまに一人で居る静かなスペースが必要
  • 特に問題は無し
  • 家では英語でも読みを練習していると旦那は伝えたそうですが、日本語も頑張ってる事を言うのを忘れたそうです。おーい!次回は言っておかないと。現地語の補修授業は今の所は必要と言われていません。
  • 中間判定は「良」
  • 「優」でない理由は丁寧が故に物事を完成させるのが遅いから。例えばクリスマス前に生徒達に20の課題を与えて、7個しか完成させなかったそうです。🤣 平均は分からないけど24やった子もいたそうです。(必要以上に頑張る子ってきっと女子だわw。)でも友達の男の子も5個しかやってないって。🤣男の子の平均が気になります。息子も友達も好きなのを厳選して丁寧にやったんじゃないかなと思います。嫌いな事はやりませんから(男子あるある?)。量より質は悪くない事だけど、良いわけでもない。基準が微妙ですね。

 

 

 

夏休み前にもう一度面談があるそうですのでその時の評価が楽しみです。

 

 

家と学校での態度が同じで、ブラインドスポットが無くてほっとしました。

 

 

学校が大好きな長男。一年生になって体力もついたお陰で毎日元気に登校しています。幼稚園の頃は体力が無いこともあってしんどい事も結構あったみたいに思います。学校が嫌いな訳では無かったので。

 

 

先生が頑張ってるねって言ってたよ!偉いね!って褒めたら嬉しそうでした。

 

 

毎日一生懸命生きていて、誇りに思います♡

 

 

学校側にも先生方にも感謝です。