トライリンガル子育て・旅記録

日英ハーフの子供達のトライリンガル子育て記録

トライリンガル長男5歳5か月と心の成長

長男は昨年秋から週に一度、日本語を継承語として学ぶ学校へ通っています。現地の学校のリズムに合わせているので、学年は年中さんから、季節は秋からスタートします。

 

年末までは現地幼稚園に加えてこの日本語教室に慣れるのに精一杯で、心の底から楽しそうではありませんでした。繊細な子なので新しい環境への適応能力が遅いのです。

 

今日どうだった?と聞いた時、楽しかった!と言うことはありませんでした。でももう行きたくない嫌だー!と拒絶する様でもありませんでした。

 

でも年始から、現地幼稚園も日本語教室も楽しめるようになりました。そして先日(と言っても既に数ヶ月前、3月か4月の出来事ですけど)、ついに自らその日にやった事(イースター作品作りとゲーム)を報告してくれて、楽しかったと感想を述べていました。

 

母、感無量!

 

小さい身体で、繊細な性格で、トライリンガル環境で、よく頑張っているなぁ。

 

全てがスムーズに進んでいる訳ではないですが、まずは大きな一歩前進です。😊

 

そして毎回、様々な企画をして下さり、週に一度しか集わない上にバイリンガルトライリンガル(もしかしてクワドラリンガルも居るのかな?)な子達と接するが故に、色々と大変であろう先生方にも感謝です。